~社長になり切れない人のブログ~

もしも俺が社長だったら

セブンイレブンに入ってしまうワケとは…?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
image
セブンイレブン

この不況の時代にコンビニ業界
1強を守り続けているセブンイレブン。
セブンイレブンの魅力はなんなのか?
その戦略に迫る。

商品の先取りが早い

季節限定のスイーツやドリンク
また主婦層、独身男性の顧客獲得を狙った
小分けの惣菜の販売と
商品のパイオニアとなり新時代を築いている
ことが主な理由だ。
おでんの開始スピードはトップクラスだろう。
当たるか?当たらないか?ではなく
やってみる。
外れたらまた新商品と
次々とチャレンジしてくるのだ。

色に関する購買意欲。

意外と知らないかもしれないが
オレンジや赤といった色は攻撃的で
購買意欲を高める。
アマゾンや楽天、スーパー業界でも
広告などを意識して見れば歴然とわかる。
その他のコンビニが密集した地域でも
なぜかセブンイレブンに入ってしまう
理由とは「色」が関係している。
また、顧客にわかりやすい商品紹介を
している。わかりやすくいえば、
他店コンビニでは「20%オフ」
「〇〇割引!」等の宣伝文句が謳われて
いました。しかしながら、セブンイレブンでは
「おにぎり100円均一」といったわかりやすく
明確な商品の提示による安心感で顧客の満足度を
つかんでいったのだ。

image
今後の課題

セブン&アイにとっての今後の課題は
イトーヨーカドーなどのスーパー業態での
低迷だ。それぞれの店舗でマイナスをだし
2014年3月頃には一時株価も暴落してしまった。
コンビニ、スーパーどちらのトップも狙うのか?
果たして片方に絞った経営をしてくるのか?
今後のセブン&アイ・ホールディングスが楽しみだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もしも俺が社長だったら , 2016 All Rights Reserved.