~社長になり切れない人のブログ~

もしも俺が社長だったら

【Google】いまさら聞けないSEOの仕組みを解説致します!

2018/04/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

Google制するものはブログを制する

ネットビジネスをしていく中でいずれにせよ大事な部分があります。
それはGoogleのSEOの仕組みを知ること。この仕組みをしっかり理解するこどが、ネットビジネス
ネットの世界で収益を上げる近道と言えます。検索が上位になれば、ブログでアフィリエイト
ホームページ等の開設、転売、ライターと様々な仕事に活用するとこができるでしょう。
ではGoogleのSEOの仕組みとはどのようになっているのか?理解していきましょう。

HIR85_PCwonozokikomuneko20130618_TP_V

私達が何か検索をかけるときにGoogle内では検索したい内容に沿った
検索結果が出るようになっています。
それはGoogle内でいくつもの評価項目を元にユーザーにとって意味のあるものなのかを
ランキング形式で算出し、評価の高いものが上位として表示されるからです。
また、年々Googleの評価項目は変化し、厳しい採点となっています。
検索のほとんどがGoogle(約7割といわれています)からの流入と言われており

SEO対策はGoogleを攻略することだと言えますね。ではどのようなポイントでブログが

Googleから評価されているのかとそのおさえるべきポイントを述べていきます!

 

キーワード選定とその内容

まずサイトやブログに求めているのは読者のニーズに合ったキーワードですよね。

求めていたキーワードに出会えたのか?自分の探したかった内容だったのか?ということです。

大多数の方が調べたいキーワードを盛り込んでいれば検索上位表示されます。

またそのキーワードが盛り込まれたタイトルの内容が解決策や知りたい内容が他の

サイトより深く書かれていればなおさらサイトのSEOは高まります。

僕たちがGoogleで検索するときにわざわざ5ページ目までいってサイトみたりしませんよね?

検索すれば知りたい内容がすぐに表示されそのサイトやブログから知りたかったものを見つけます。

いかに読者のニーズに応えられるかか重要になってくると思います。

そのターゲットが求めていそうなキーワードは『関連キーワード取得』ツールや

Googleキーワードプランナーなどの方法需要の多いキーワードを調べることができます。

もちろん自分で1度検索してみてキーワードを探したり内容のヒントを探すという手法も

手が固いやり方だと思います。

検索するにあたり、キーワード2~3語で検索している人がほとんどです。
つまり、「肌」で検索するなら肌 →カサカサ、保湿、潤い、日焼け
と次に来るワードで目的を考え検索するのでキーワードの分岐点まで選定するべきです。
これはほとんどのサイトが飽和している中でいかに自分のサイトに集客できるか?
を考える上で重要な項目と言えるでしょう!

テーマを絞ることが重要

Googleはユーザーにとって内容、中身のないものはスパムとして認定されてしまいます。
ですので、例えばビジネスならビジネスに美容なら美容に沿った内容で書き続ける必要があるでしょう。

テーマを決めてブログ運営するためのオススメのやり方があります。

まずは主となるテーマを決めること!簡単に例をあげるとするなら…『おでん』というテーマにしたとしましょう。

おでんであればこんにゃくやおもち、牛すじ、大根といろいろなテーマが書けそうですね!

ある1個の大きなテーマを決めたのち小さいテーマを決めていくとブログ運営をより円滑に

進められると思います!

 

Googleは量よりも質を見ている!?

Googleは量よりも質を重視して検索上位表示を決めていると断言してます。

じゃあ文字数関係ないじゃん!と思うかもしれませんが必然的に質の高いサイトを作成しようと思ったら

画像や図解、文字数は自然と多くなってくると思います。逆に文字数だけ多くて内容のないサイトであれば

上位表示はされないということですね。

 

またGoogleは他のブログで書かれているような内容は求めておらず

個人の意見や見解を評価している傾向にあります。

不要なコピペや内容のない文章は全く評価されないのでこちらも気を付けたいところですね!

実際頭の中で思っていてもめんどくさいや早く公開したい気持ちで行動に移せてない人が多くのが現状です。
しっかりと基本を学び、またSEOを強くしてどんどん質の高い記事を量産して
明日へのブログにつなげてほしいものです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もしも俺が社長だったら , 2016 All Rights Reserved.